当院の検査設備

 

コーンビームCT(鼻部、耳部のみ)

コーンビームCTは組織の描出に優れており、耳部・鼻部関しては,従来の CT と比べても遜色なく、放射線量も胸のレントゲンと同程度の低線量です。

図1.jpg

喉頭・鼻咽腔ファイバー

内視鏡を鼻から入れて、鼻やのどの部分をなるべく刺激しないように動かしながら観察します。内視鏡は細く痛みや違和感もそれほどありません。鼻や喉の腫瘍、ポリープ、鼻血時の出血点の確認などに用います。

図1.jpg

鼓膜鏡

内視鏡を耳から入れて、主に鼓膜を観察します。真珠種性中耳炎、滲出性中耳炎などを観察します。

図1.jpg

純音聴力検査・ティンパノメトリー

純音聴力検査はどのくらいの音が聞こえているか、難聴があるかどうかを調べます。ティンパノメトリーは鼓膜に陽圧・陰圧を加えて鼓膜の動きを調べます。

図1.jpg

赤外線フレンツェル(めまい検査)

めまい時に眼球が動いたり、揺れたりする目の動きの事を「眼振」言います。眼振を暗視下で調べることで、めまいの状態や疾患の鑑別をすることができます。

図1.jpg

頸部エコー

超音波を当てているだけのため、身体的な負担や危険性はほとんどなく、頸部のリンパ節や甲状腺などの腫瘤の性状把握します。

図1.jpg

耳用顕微鏡

耳の中の処置や小手術をする際に使用します。

図1.jpg